Menu

都心部と地方の違い

ウーマン

メリットとデメリット

時代は人や考え方と共に、その価値やあり方を変えるものですが、将来の結婚に関する認識がも昔とは違ってきています。一昔前は30代にもなれば結婚して子供もいて当たり前でしたが、東京など都心を中心に仕事や考え方の違いの理由で晩婚化が進んでいます。ではもしそのような人が婚活をするなら地方田舎と東京などの都心ではどちらが有利なのでしょうか。東京は近年減少しているとはいえ、日本最多の人口がありますのでその分街コンや結婚相談所を使って婚活をする人も多いので出会えるチャンスは田舎を大きく上回ります。週ごとに結婚相談所が開く趣向に凝らした婚活パーティにも多くの人が参加しますので、自分次第でいくらでも出会いの輪を広げられることは大きなメリットです。しかし出会いの数が多い分欲も働きます。今お付き合いしている人よりももっといい人がもしかしたら現れるかもしれない、と思わせるところは東京の結婚相談所を利用する人の婚活が長引く原因でもあります。地方では早いうちから結婚を決めてしまう昔からの風習が残っているところも多いので、結婚相談所に登録する人はあまりいないかもしれません。婚活パーティも都心部程頻繁には行われていないので出会いのチャンスは東京と比べると少なくなります。しかし地方部は隣近所との結びつきが意識が強いことが多く、結婚相談所でも迷ったりしていると相談員が背中を押してくれたり、相談員が思いがけない人を紹介してくれることも少なくなく、チャンスさえ掴めればすぐに成婚できることが多いのです。